Members

荒井 宏幸
Hiroyuki Arai

これからの日本にどのように貢献する事ができるのか。
私たちは眼科の先進技術を通して、多くの方により良い視力を提供することによって貢献したいと考えています。

視力は5感の中で最も大切な機能であり、さらに「良く見える」ことはライフスタイルのクオリティを飛躍的に向上させます。
私たちは保険診療にとらわれず、世界で行われている最先端の眼科医療技術を国内に広く発信するために集いました。

私たちが行っている先進医療やこれから導入しようとする革新技術が、これからの眼科先進医療の指標となることを目標としています。 医療技術を通じて、質の高い生活を提供し、日本の未来に貢献できることを願っています。

岡 義隆
Yoshitaka Oka

目の前にいる患者様の病気を治したい。私の願いはたったそれだけです。
しかし現実には治せない病気はたくさんあります。

でも今は治せなくても、数年後には、海外なら、最先端の医療技術を駆使すれば治せるかもしれません。

もし海外に素晴らしい医療技術があり安全性の高いものなら、困っている患者様に速やかに提供する努力をすることも医療者としての責務です。

日々、患者様と接し病気と対峙する中で、幅広く洗練された知識や技術だけでなく、常に患者様目線で物事を考え、「治したい」と思い続ける心を持つことが医療の世界に生きる者にとって最も大切な事と信じています。

この眼科先進医療研究会は、国内最高レベルの治療実績と先見性と「志」を併せもつ眼科専門医の集団です。
先進的な技術を駆使し、提供できる医療の幅を最大限広げ患者様が得られる可能性を最大限に広くする事を目的とする「眼科先進医療研究会」は、私の目指す医療の根本にある概念で成り立っています。

新見 浩司
Koji Niimi

一昔前、情報というものは、そのものが“不足”していました。しかし、現代では情報が氾濫し、取扱いや選別能力が追い付かない状態になっています。情報伝達と選別共有のスピードは、医療の進歩と発達を加速させる大きな要素です。
医療と情報テクロノジーのコラボレーションレベルが、今後の日本の医療の発達のカギを握っているといっても過言ではありません。

私たち眼科先進医療研究会は、地域医療をリードする重要な役割を持っています。地域医療は、患者と対峙する最前線であり、だからこそ、情報の収集と発信の“ハブ”にならなければなりません。

地域医療から日本の医療を、情報によってリード(先導)する事が、我々の使命です。

瀧本 次友
Tsugitomo Takimoto

  • 株式会社JFCセールスプラン 代表取締役会長
  • 一般社団法人 日本眼科医療機器協会 前会長・現同協会顧問
  • 商工組合 日本医療機器協会 理事

エビデンスに基づいた安心・安全・効果的な最新の眼科医療情報を正しく患者様に伝えて、患者様優先に先進の医療を行うことは医療関係従事者の使命であると考えます。

日本の眼科医療のレベルは海外先進国に比して決して劣るものではありませんが、日本の法規制の下にディバイスラグやドラッグラグが存在することも事実であります。

コンプライアンスや倫理感を見失うことなく先進の眼科医療を実践するという情熱にあふれた3名の眼科医が立ち上げた眼科先進医療研究会が眼科医療技術の向上と普及、患者様の眼科啓発に大いに役立つことを期待しています。

山田 浩雅
Hiromasa Yamada

私は約14年間の総合商社勤務を経て、ビジネススクールで医療経営学を専攻し、2003年に現在の会社を起業いたしました。

私が医療ビジネスの世界を志しましたのは、最後の赴任地であったシンガポールで、“素晴らしい国民皆保険制度を完成させた我が国なのに、既にシンガポールで成熟しつつある究極のサービス産業としての医療がなぜ未だ我が国には根づかないのか?”という素朴な疑問からでした。

起業以来、医療ビジネスの世界では全くの門外漢である私に対し私のまわりの素晴らしい先生方が温かくご指導、ご支援を下さり、おかげ様で現在では眼科自費診療分野を中心に、全国の100施設以上の最先端眼科医療施設とお取引をさせて頂き、毎日充実したビジネスマン生活を送らせて頂いております。

これからは恩返しの時間と考えておりますので、眼科自費診療分野に関わるご質問等がございましたら、何なりと小生までお申し付け下さい。

加藤 祐司
Yuji Kato

  • 医学博士・日本眼科学会眼科専門医
  • 医療法人社団彩光会 理事長
  • 札幌かとう眼科 院長
  • 札幌医科大学 非常勤講師

最先端の高度な眼科医療の提供」を目標に、札幌かとう眼科を東区に開院して6年を迎えました。旭川医科大学眼科講師及び医局長としての経験と実績を踏まえ、2人の女性眼科専門医の3人体制で、質の高い医療の提供に努めております。特に眼科手術に重点を置き、白内障、緑内障、網膜硝子体のみならず、涙道、眼瞼手術にも対応しております。現在、恵庭市の「すずき眼科」、札幌市白石区の「なんごう眼科」をグループ化し、法人名も医療法人社団彩光会として新たなスタートを踏み出しました。

今後とも、北の大地で最先端の技術を積極的に導入し、地域にあって高度な眼科医療を提供していきたいと考えております。

福岡 佐知子
Sachiko Fukuoka

私の勤務する多根記念眼科病院は日本でも数少ない眼科専門病院で、最先端技術をスピーディーに導入することができる恵まれた環境下でお仕事をさせていただいております。いつも患者様に最適で最良かつ安全な治療をお届けできるよう心がけております。

しかし世界の新しい技術は、最新であればあるほど、正しい情報や長期成績を得ることが難しく、さらに新技術は驚くべき速さで進化し続けています。ですから全てを把握し、どの治療をどのタイミングで導入するべきかを一個人で決定するのは非常に困難です。

眼科先進医療研究会は、全国の最先端医療の知識、経験、技術を兼ね備えた医師、海外医療に精通した関係者で構成されており、日々進化する医療技術や製品を評価し、常に最良の医療が患者様に提供できるように勉強会を行っています。

私はここで海外の最新情報や、今後進むべき方向性などについて学び、常に世界トップレベルの治療ができる環境を整えています。私一個人としては微力ですが、先生方と一緒に眼科医療の進歩にも寄与できればと思っております。

杉本 栄一郎
Eiichirou Sugimoto

「手術一会」
さて眼科手術は一期一会であって、
たとえば何度も同じ患者さまを診察させていただくとしても、
今日の手術に二度目はないと考えれば、
まさに手術はすべて一世一代であります。
したがって医師は手術の準備に万全を期し、
わずかなやり残しもないように、
患者さまの気持ちになって真心を尽くし、
患者さまにこんな手術は他では受けらないと満足していただけるように、
医師の信念に何一つ妥協のないことを感心していただけるように、
誠意をもって手術に望むべきだと思います。
これを手術一会と考えます。

「一期一會」
抑、茶湯の交會は一期一會といひて、
たとへば、幾度おなじ主客交會するとも、
今日の會ににふたゝびかへらざる事を思へば、
実に我一世一度の會なり。
さるにより、主人は萬事に心を配り、
聊も麁末なきやう、
深切實意を盡し、
客にも此會に又逢ひがたき事を辨へ、
亭主の趣向何一つもおろかならぬを感心し、
實意を以て交るべきなり。
是を一期一會といふ。

木村 格
Kaku Kimura

戦時中は軍港があり、現在も海上自衛隊基地があり、今なお海軍時代の歴史の息吹を感じられる広島県呉市で開業しております。

私の先代達がこの地で積み重ねた歴史は100年を超え、先代達に恥じぬよう身を引き締めながら日々診療しております。「そんな田舎で先進医療?」と思われるかもしれませんが、まだ国内に導入されていない世界の最新治療や技術をこの呉の町で当たり前のようにできることが私の願いです。

森井 勇介
Yuusuke Morii

滋賀県大津市で眼科有床診療所をしております。眼科手術の世界は、もの凄いスピードで技術や器機が進化しております。一地方開業医ですが、地方開業医ならではのフットワークの軽さで、技術の進歩に伴う先進医療を出来る限り取り入れ、実際の診療に還元していきたいと考えて おります。

尊敬する先生方が集まっておられる、この会を通して学ばせて頂き、自分のレベルを上げていければ、これに勝る喜びはございません。また、この会の発展に微力を尽くさせて頂ければと考えております。今後とも宜しくお願いいたします。

安里 良
Ryo Asato

Advanced Ophthalmological Medical management Society
Members of AOMS